マンション管理士試験の内容と合格率

マンション住まいを選択する人が年々増加している今、マンショントラブル等に対応できる人材も多く求められています。そこで注目されている資格が「マンション管理士」です。マンション管理士の主な仕事の内容は、マンション管理に関しての様々な専門的知識をもって、管理組合の管理者などからの相談に応じ、助言、指導といったアドバイスを行います。
試験の内容は、建物の区分所有等に関する法律をはじめとする、マンション管理に関する法律、管理組合の運営に関すること、修繕計画などマンションの建物や設備にかかわること、マンション管理の適正化の推進に関する法律などです。
試験は年1回行われ、年齢制限はありません。試験地は、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市、並びにこれらの周辺地域です。
マンション管理士の合格率は、決して高いものではなく、平成26年度で受験者数14,937名に対して合格者は1,260名で、合格率8.4%です。ここ数年の平均でも7~8%ですので、これから資格を取ろうと考えているなら、しっかりと勉強をする覚悟が必要でしょう。
年齢制限がなく、定年後からでも働ける仕事なので、取得すると役立つ資格ではありますが、勉強のための講座やセミナー選びは、受験対策がしっかりできているかなど、事前に詳しく調べておかないと、資格取得は難しいものとなります。勉強のやり方は、人によって向き不向きがあるので、自分に合った勉強方法を見つけることも、合格に近づくための重要なポイントとなるでしょう。

カテゴリー: 管理人 | コメントする

マンション管理士が人気なワケ

最近はマンションの建設が増え、マンション住まいの人が多くなりました。
マンションが多くなったということは、それを管理するマンション管理会社も必要とされます。
この管理会社で働くためにはマンション管理士の資格が大切になります。
マンション管理組合や住人からの相談などに応じ、様々な問題を法的見地から解決したり、アドバイスするコンサルタント業務なのです。
さらに最近では災害の備えへの強化が重要視されてていたり、高齢化に伴う手すりやスロープなどの設置など、最近の状況に合わせた管理が必要になっています。住民の味方になって問題解決やアドバイスをするマンション管理士が必要とされるワケなのです。
この資格が人気のワケは、管理会社で働けるのはもちろん、マンション管理業務主任者の資格と同時にとると、より有利になるということです。出題分野も重なっているので勉強しやすいのです。
マンションを取り扱っている不動産屋でも、資格を活かして働くことができ、この場合は宅建の資格と一緒にとると有利です。やはり出題分野も重なっています。
合格率はかなり低いと言えますが、それだけこの資格の希少価値があるということになります。
中高年層の定年後の対策にもマンション管理士の資格は人気です。勉強する時間もあるし、これまでの人生経験で培ったことがコンサルトという仕事に活かせる場面もあるからです。
これだけ多く必要とされ人気も高いので、魅力のある仕事といえます。

カテゴリー: 管理人 | コメントする

マンション管理士の試験は難易度が高い?

マンションをはじめとする集合住宅に住む人の数は、
増加する一方です。
一戸建てに比べて低コストで生活できる上、さまざまな設備も整っており、
現代の人々には欠かせないスタイルの住宅といえるのです。

しかしマンションを安全に運営、管理していくには住民の互助組織だけでは、
不十分です。
そこで活躍するのが、専門的な知識を持つマンション管理士の人々なのです。

マンション管理士の具体的な業務としては、建物のメンテナンスや
さまざまな問題について専門的な立場から住民にアドバイスする事です。
こういった時代ですから、非常に需要が高まっている資格といえます。

しかしマンション管理士はれっきとした国家資格ですから、
取得するには試験に合格する必要があります。
その受験資格や難易度はどのようなものなのでしょうか?

マンション管理士の受験資格は特になく、誰でも受けることができます。
しかし専門的な問題ですから知識がなければ、当然合格することはできません。
ですから受験者は建築士や宅建の資格があったり、
実際にそういった仕事をしている人が多くなっています。

そしてマンション管理士は、毎年合格率が10%未満となっており、
極めて難易度の高い試験となっています。
ですから相当な試験対策が必要となってくるのです。

マンション管理士の資格取得は狭き門といえますが、
非常に需要の高い価値ある資格といえます。
通信講座などを利用して学習すれば、実務経験がなくても合格を目指すことは可能です。

カテゴリー: 管理人 | コメントする