マンション管理士の試験は難易度が高い?

マンションをはじめとする集合住宅に住む人の数は、
増加する一方です。
一戸建てに比べて低コストで生活できる上、さまざまな設備も整っており、
現代の人々には欠かせないスタイルの住宅といえるのです。

しかしマンションを安全に運営、管理していくには住民の互助組織だけでは、
不十分です。
そこで活躍するのが、専門的な知識を持つマンション管理士の人々なのです。

マンション管理士の具体的な業務としては、建物のメンテナンスや
さまざまな問題について専門的な立場から住民にアドバイスする事です。
こういった時代ですから、非常に需要が高まっている資格といえます。

しかしマンション管理士はれっきとした国家資格ですから、
取得するには試験に合格する必要があります。
その受験資格や難易度はどのようなものなのでしょうか?

マンション管理士の受験資格は特になく、誰でも受けることができます。
しかし専門的な問題ですから知識がなければ、当然合格することはできません。
ですから受験者は建築士や宅建の資格があったり、
実際にそういった仕事をしている人が多くなっています。

そしてマンション管理士は、毎年合格率が10%未満となっており、
極めて難易度の高い試験となっています。
ですから相当な試験対策が必要となってくるのです。

マンション管理士の資格取得は狭き門といえますが、
非常に需要の高い価値ある資格といえます。
通信講座などを利用して学習すれば、実務経験がなくても合格を目指すことは可能です。

カテゴリー: 管理人 | コメントする